Suica オートチャージでチャージいらず

昔を思い起こせば、券売機で切符を購入してから改札に向かったものです。

それがIC乗車券 Suica と自動改札の導入によって、券売機に行く手間もなくなりとても便利になりました。

それでも、券売機に行く回数はゼロにはなりませんでした。

なぜなら Suica にはチャージが必要だからです。プリペイドすなわち前払いする必要があります。

せっかくタッチ&ゴーで改札を通過できるのに、残高不足で改札を通れなかった経験は1度や2度ではありません。それでは時間のロスはなくなりませんし、改札で足止めされると後ろの人に嫌な顔されます。

そんな問題を一挙に解決するのが、オートチャージ機能です!



オートチャージ機能とは、Suicaの残額が一定金額以下になると、自動改札機にタッチして入場する際に、あらかじめカードに設定しておいた金額が自動的にクレジット決済でSuicaに入金(チャージ)される機能です。

だから、券売機などに並んで入金(チャージ)する手間がなくて、便利です!

また、Suica部分への入金(チャージ)額等は、自由に設定できます。オートチャージの設定金額は1,000円以上10,000円以下で、1,000円単位で設定が可能です。1日のオートチャージ限度額は、20,000円までとなります。

オートチャージで入金(チャージ)された金額は、クレジット決済にて、後日、ご指定の金融機関口座から引き落しされる仕組みです。


ということで、クレジットカード機能と Suica が1枚になった「ビュー・スイカ」カードを作りましょう。

オートチャージができてポイントもたまるので一石二鳥。

・きっぷの購入やチャージでポイント3倍
・貯まったポイントは Suica にチャージもできる!
・オートチャージももちろんOK!
・連絡定期券も1枚のカードで!

駅売店での買い物や駅内の自動販売機でも、ピッと楽々お買い物。

それでは早速、代表的なビューカードを紹介します。

まずはタイプ1カードから。(Type1 と Type2 の違いについて)

JR東日本 ビュー・Suicaカード

ビューカードとSuica定期券の機能がひとつになった、電車にも乗れて買物もできる便利なカードです。定期券をご利用されない方も、もちろんクレジット+Suica機能としてご利用いただけます。提携ブランドはJCB、VISA、MasterCardのいずれかをお選びいただけます。

年会費500円。

>> もっと詳しく

ビックカメラSuicaカード

今お持ちのビックポイントはそのまま「ビックカメラSuicaカード」に無用で引継ぎ可能です。

初年度年会費無料。翌年度以降年会費500円(翌年度以降も前年にクレジットカードのご利用額があれば無料となります)

>> もっと詳しく

ルミネカード

ルミネで買うならルミネカード。1回払いはもちろん、いつでも5%OFFでおトク。分割・ボーナス一括払いでも5%OFF。またバーゲン時にも5%OFFでご利用いただけます。

>> もっと詳しく

大人の休日倶楽部ミドルカード

満50歳からの新しい旅、新しい暮らしを応援する「大人の休日倶楽部ミドル」。旅行やビジネスなどで、JR東日本線・JR北海道線のきっぷが何回でも5%割引でご購入いただけます。(新幹線を含むJR東日本線・JR北海道線を片道・往復・連続で201キロ以上ご利用いただいた場合)

年会費2,500円(消費税込み)
(「大人の休日倶楽部ミドル」年会費2,000円+カード年会費500円)

>> もっと詳しく


JALカードSuicaJALカードSuica

「ビューカード」と「Suica」の一体型クレジットカードの中で人気があるのが、このJALカード Suica です。JALのマイレージをためる楽しみもプラスされます。

フライトでもショッピングでもマイルがどんどんたまるJALカード。マイルプログラムの魅力の浸透とともに、多くのお客様に支持をいただき、毎年20%を超えてカード会員が増えています。「どうせカードで支払うなら、他のクレジットカードよりも、マイルがたまるJALカードで。マイルをためて旅行へ行こう」、そんな人が増えているんですね。

初年度年会費無料。年会費2,100円。


続いてタイプ2カード。(Type1 と Type2 の違いについて)


イオンSuicaイオンSuicaカード

イオンSuicaカードは、Suica機能つきのイオンカードです。駅改札や駅ナカ街中でもスピーディーなお支払いができます。また、毎月20日30日の「イオンお客様感謝デー」など、ジャスコ、マックスバリュをはじめとするイオングループ各店舗でご利用いただける特典がいっぱいです。

年会費無料。

ヤフー スイカYahoo!JAPANカード Suica

・オートチャージ機能でらくらく!
・たまったYahoo!ポイントをSuicaに入金(チャージ)できる!
・モバイルSuica年会費が当面の間無料!(通常年会費1,050円)
・JR東日本グループ提供のおトクな特典がいっぱい!
・各種保険・補償サービスが充実!

初年度年会費無料。翌年度以降年会費500円(翌年度以降も前年にクレジットカードのご利用額が10万円以上あれば無料となります)


ANA VISA Suicaカード

Suica機能搭載のANAカード。年会費2,100円。



posted by suika at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | オートチャージ

Suica にオートチャージできるビューカードには2種類ある

Suica にオートチャージできるクレジットカードには2種類あるのはご存知でしょうか。Type1 と Type2 に分類されます。

Type1 はビューカードが発行するプロパーカードで、Type2 は、他社の発行する提携カードです。

Type1 カードはビューカードのビューサンクスポイントが付与され、Type2 カードは提携先のポイントが付与される点が違います。

続きを読む
タグ:Type1 Type2
posted by suika at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | オートチャージ

Suica VS PASMO スイカとパスモ徹底比較

SuicaとPASMOのどちらを作ろうか悩んでいる人のために、比較表をご用意しました。ぜひ参考にしてベストカードを選んでください。
  Suica PASMO
運営主体 JR東日本 パスモ(首都圏の私鉄各社)
開始時期 2001年11月18日 2007年3月18日
発行枚数 約1777万枚 約418万枚
利用可能店舗数 約1万9700店 約1万9700店
入金上限額 2万円 2万円
カード発行時の手数料 500円 500円
おサイフケータイへの対応 あり なし
利用時のポイント付与 ビューカード、モバイルスイカ利用者は200円ごとに1ポイント 乗車ポイントを導入する東京メトロ、小田急のみ
クレジットカードでの入金 複数のカード会社で可能(2008年4月以降はビューカード以外は年会費1000円が必要に) 原則、関東私鉄各社の系列カードに限り可能(オートチャージサービスのみ)
クレジットカード経由でチャージした際のポイント還元率 1.5% 0.5%
クレジットカード経由で定期券を購入した際のポイント還元率 1.5% 0.5%(1.0% 京王電鉄のカードで購入した場合のみ)
紛失時に利用停止する機能 記名式のみあり 記名式のみあり
有効期限 最後の利用日から10年間 最後にカードの交換、使用またはチャージを行った日の翌日から10年間で失効




タグ:Suica PASMO
posted by suika at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | SuicaとPASMO比較

「ビューカードとれTEL」サービス終了

電話でJRの指定席予約ができる「ビューカードとれTEL」は、2010年6月30日の受付をもってサービスを終了するそうです。今後は、パソコンや携帯電話からインターネットでJRの指定席が予約・購入できる「えきねっと」を利用することになります。

僕もえきねっとを利用してます。えきねっとを使えば、数々のメリットが享受できます。

【1】窓口に並ばず、ネットで簡単予約できます

【2】指定席発売開始日の1週間前から申込OKです

【3】会員限定の割引がありまる!しかも入会後すぐに利用可能です

【4】ビューサンクスポイントに交換可能な「えきねっとポイント」がたまります

【5】きっぷの受取は指定席券売機でカンタンです。成田エクスプレスについては、チケットレス利用も可能です

【6】JR東日本の新幹線、主な特急については申込時に、座席位置も決められます

【7】急なスケジュール変更も対応可能です

【8】携帯電話からでもきっぷの予約ができます


えきねっとの登録にはクレジットカードが必要ですが、ビューカードで「えきねっと」に会員登録することをおすすめします。




posted by suika at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。